HTTPの危険性とHTTPS化(常時SSL)のメリット

現状

  • Google Chromeのバージョン68から全HTTPサイトで「保護されていません」の警告表示
  • Chromeのシェア率は55%以上(シェア率上昇中)
  • Chromeのアップグレードは自動的に実施→随時「保護されていません」の警告が表示されていく

自社サイトがHTTPかHTTPSかの確認方法

  • Chromeで自社サイトにアクセスして「保護された通信」との表示がある場合はHTTPS化が完了している(下記図参照)

HTTP化とは

  • webサイトの通信を暗号化すること
  • 暗号化することでなりすましや改ざんなどを防止できる

HTTPS化のメリット

  • 通信を暗号化し、セキュリティ面を強化できる
  • 「保護されていない」と表示されないのでサイト信頼の向上→訪問者への安心感
  • Googleが検索ランキングで優位になると公表している
  • サイトの通信速度向上→訪問者の満足度向上

まとめ

  • Chromeのバージョンは随時自動でアップデートされていくので早めの対策が必要

ご提案

以下の金額で貴社サイトのHTTPS化が対応可能です。
  1. 無料HTTPSに対応したレンタルサーバー(エックスサーバー、さくらのインターネット、ロリポップ等)におけるHTTPS化→5,000円〜/1サイト(税抜)
  2. 1.以外のレンタルサーバー→10,000円〜/1サイト(税抜)
  • ※サイトのページ数などボリュームに応じて変動します
  • 参考

    グーグルアナリティクスの設置費用
    • 5,000円/1サイト(税抜)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です